コピー機のリースするにあたっては、販売店と契約するのが一般的です。その際、契約先となる販売代理店の多くが自社で保守サービスに対応していません。多くの場合、外注の保守サービスを提供している企業に業務委託しています。つまり、保守サービスの実施の責任は外注企業側に一任されている状況ゆえ、エンドユーザーは実際のサポートの質をチェックできないままリース契約をしているケースが多い点には注意が必要です。

また、販売店が掲げているリース料金や保守料金の安さばかりに惹かれて契約すると、その料金相応の保守企業との契約となり、緊急時に困ってしまうかもしれません。そのため、その契約にあたっては保守サービスが自社対応でかつそのサービスが信頼に値するかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。さらに、メーカーの正規代理店かどうかも重要なチェックポイントです。これは、リース契約を行っている販売代理店には各コピー機を販売しているメーカーから公認されているところもあればそうでないところもあるためです。

このうち、公認されている正規代理店は厳しい試験をクリアしたサービスマンが在職していたりメーカー側が指定する修理体制の基準をクリアしているなど複数の条件をクリアしている場合のみです。そのため、なにかあったときでも安心です。また、契約先の拠点も必ずチェックしましょう。コピー機にトラブルが生じたときに遠方だと迅速な対応を望めません。

近くに拠点があるところを選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です