コピー機は多くの企業で活用しているアイテムであり、印刷だけでなくコピーなど多くの搭載機能を活用している事が多くあります。種類によっては高速印刷なども出来るタイプもあり、仕事をする上で印刷物が多い企業であればよりスムーズに仕事を進める上で重要となります。コピー機自体は購入するだけでなくリースという方法があり、費用面でも有効的な利用方法の1つです。リースでの利用は長期契約を目的に使用するのにお勧めな利用方法であり、年単位での契約が一般的です。

最新機種のコピー機でもリースは可能なので、より便利な搭載機能を活用する事も便利な利用方法となります。実際に利用する際にはリース会社との契約を行う必要がありますが、その際に注意すべきポイントとして保守契約の種類です。主に選べる保守契約の種類は3種類あり、それぞれに特徴などが異なります。1枚の印刷物に対して単価が決められており、毎月決められているカウンターの費用を支払う方法があります。

その他にトナーなどの消耗品に限定した契約であれば、費用をぐっと抑える事も出来ます。月の印刷物の枚数が少ないのであれば、メンテナンスやトナー交換が充実しているタイプを選ぶという方法も有効的です。保守契約の内容は費用面だけでなく保守内容自体にも大きく違いがあり、それぞれ企業にとってよい点や注意点が出てきます。保守契約の種類毎にしっかり比較して選ぶ事が重要であり、仕事をスムーズに進める上でもポイントとなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です