コピー機のリースで失敗しないために、いくつか覚えておかなければならないことがあります。まず大前提として、リースをしたコピー機は途中で解約できません。ですから、契約時の機種選定は慎重に行わなければなりませんし、必要な機能が備わっていないものは使い勝手に問題が生じますので、最初から候補に入れるべきではありません。途中解約できないために、実際に別の機種を利用したくなったら、契約満了になるのを待つ必要があります。

期間はそれぞれのケースで異なりますが、3年から5年が多いようです。あまり知られていませんが、実は中古のコピー機はリースできません。契約できるのは新品のみとなっています。利用する側から見れば新品の方がきれいですし、使い勝手も良いので、この点はあまり問題にはならないでしょう。

借りたいものが決まったら契約に進みますが、契約を結ぶ前に審査が行われます。審査自体はとてもシンプルであり、リース会社からの審査用紙に必要事項を記入して押印するだけでOKです。その結果審査に通過すれば、無事にコピー機を借りられます。リース契約が終了する時の取り扱いに関してですが、基本的には終わる前に商品を入れ替えることがほとんどです。

年々新しい機種が発売されますので、機能が大きく向上している可能性があります。新たな契約を結ぶ前に業者側から打診があって次の機種の選定に入ることになり、そこからまた数年間は使用することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です