オフィスには複合機が設置されているのが一般的になり、普段から書類の印刷が多い場合には何台も用意されていることも珍しいことではなくなりました。毎週のようにチラシを準備するというときにはそのための専用の複写機を準備していることも多く、用意さえしてしまえば業者に発注するよりも低コストで実施できる方法として古くから行われてきています。印刷業界の低価格化が進んでいるとはいえ、手間さえ考えなければ社内で行った方が低コストで済むものが多いのが事実でしょう。しかし、特殊なものになった場合には複写機だけでは十分ではないことが多いため、専門業者に依頼してしまった方がお得になります。

特殊なものとして候補に上がるのがパンフレットであり、折り目をつけたり、製本を行ったりする作業は部数が増えると大きな作業になることが理由です。また、手提げ袋として紙袋やビニール袋を用意する場合にも同様であり、紙袋の組み立てに余計に時間がかかることや、ビニールへの印刷は一般的な複写機では難しいことを考えると専門業者に依頼した方が経済的になります。この他にも大判のポスターや数万枚といった単位でのチラシやビラの印刷のように大きさや枚数の影響を受けて専門業者への依頼にメリットが生まれるものもあるのが事実です。こういったことを理解しておくとより低コストでの印刷を実現していくための判断がしやすくなり、企業として費用削減を達成することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です