Skip to content

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーは2014年に設立された仮想通貨取引所であり、2017年現在の国内の利用者・取引量が最大であり、知名度も高いです。

金融庁から正式に承認されて運営しているため、信用性も十分にあります。出資している大企業も多く、資本金が仮想通貨取引所の中でも多いため、倒産する危険性も少ないです。

ビットフライヤーの入出金や取引にかかる手数料は他の取引所と比べて同程度か少なくなっています。また、出金に関しては出資している企業の1つである三井住友銀行に行った場合には安くなる特徴があるため、利用する場合は口座を開設しておいた方がお得です。

ビットフライヤーと売買する販売所と他の利用者と売買する取引所の両方が利用できます。この中で販売所はビットコインとアルトコインの両方で手数料が無料になっていますが、現時点のものです。

有料化が予定されていることは知っておくと良いでしょう。仮想通貨取引所で気になるセキュリティ面の対策ですが、ビットフライヤーはコールドウォレット、マルチシグネチャウォレット、2段階認証が導入されているので安全性が高められています。

マルチシグネチャウォレットは送金に複数人からの承認を必要とする仕組みであり、内部からの不正操作を防ぐ効果があり、国内では最初に導入されています。このようにセキュリティに対する意識の高い仮想通貨取引所なので、安心して取引を行いたい人に適していると言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です