Skip to content

ビットフライヤーの安全性

仮想通貨取引所を選ぶときに重要な要素に安全性があります。

ビットフライヤーは様々な面で他の取引所と比べても十分な信頼性やセキュリティ対策があるため、安心して取引を行えます。

これから仮想通貨取引をすることを考えている人は利用してみると良いでしょう。ビットフライヤーの設立は2014年であるため、それほど長い運営実績があるとは言えませんが、日本国内では最大級の規模です。

取引量や利用者も国内でNo1であることからも、多くの投資者に指示されていると分かります。金融庁の承認を得ており、大企業からの出資も多いため、企業そのものの信用性や体力も十分にあります。

セキュリティ面ではマルチシグネチャウォレットを日本で最初に導入したことで有名です。

現在は他の取引所でも導入が進んでいますが、外部からの攻撃に備えていても内部の不正に対処できないという問題を解決できる仕組みであり、これを最初に導入したことでセキュリティ対策の本気度の高さがうかがえます。

ビットフライヤーは2018年6月に業務改善命令が出されたことで一部に不安視する声がありますが、これは取引所の安全性には関係のない部分に対するものなので気にしなくても良いでしょう。

以前の方法でも本人確認書類を提出させるなど、申し込み者が本人であることを確認する手順はありましたが、それが不十分であるという指摘です。

改善するまで新規登録を停止することになりましたが、既存の利用者は正常に取引が行えています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です