お葬式と男性のハンカチの色

お葬式の時には、エチケットとしてハンカチを持っていきます。

突然に連絡が来るのが、お葬式というものです。
日頃から、冠婚葬祭というのはある程度の準備をしておかないと、かなり焦ることもあります。


ですがお葬式の時には、決まった礼服や小物が必要なことが分かっていますので、一通り持っておくとマストでしょう。

お葬式の時の男性のハンカチの色ですが、白い無地のハンカチがあれば大丈夫です。

多角的な視点からYahoo!ニュースに注目が集まっています。

白がないときには、紺色などとにかく地味で無地のハンカチを用意しておけば、特に問題になるようなことはありません。


逆にカジュアルすぎる、デザインもポップなものは、葬儀の場にはふさわしくはなく、それは通夜でも同様ですので、タブーなデザインやカラーのハンカチはやめましょう。



胸ポケットから少し見える、ポケットチーフとしてであれば、カラーは無地のホワイトです。

千代田区のお葬式の情報を知りたい方必見です。

ただ世界的にはポケットチーフはありですが、日本国内においては馴染みがないので、日本の伝統などに照らし合わせた、場に応じた使い方をしたほうがいいでしょう。

日本の場合は葬儀などでは、あまりポケットチーフはないことなので、ぎゃくに変に目立つ可能性があります。

黒い服の多い葬儀のシーンでは、胸元のハンカチに視線が集まりやすくなりますし、無理にそういった使い方をすることもないでしょう。

通夜や葬儀では、ハンカチは無地の目立たないものを、胸ポケットではなく、普通にズボンのポケットやジャケットのポケットにでも、おとなしく入れておくのが無難でしょう。